読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

iPhone5S、5Cは売れるんだろうけど、わくわくしないのはネットのせい

雑記

iPhone5S、5Cがいよいよ発売目前に迫ってきたのか、リークの内容がより具体的になってきた。名称がどうなるかはギリギリまでわからないけど、最新版と廉価版が同時に発表されることはほぼ間違いない模様。9月10日開催と噂される発表会では、アップルが本格的に発展途上国への積極的なセールスを始める宣言をすることになるのだろう。

私は廉価版には目もくれず最新版を購入する予定だが、今までにない携帯電話を手にすることができそう、というワクワク感は全くといっていいほどない。というのも、リーク内容が具体的過ぎて、発表を待たずしてスペックはほぼ全て把握できる状態になっているからだ。情報提供すればお金がもらえるから、あらゆる関係者からのリーク合戦になるのは致し方ないところなのだが、もうちょっと抑えてもらえないだろうかと思うときがある。

映画のシナリオが全部リークしたら観る人が減るように、iPhoneも事前に判明する情報が多すぎると、購買意欲をそがれるものだ。いや、買っちゃうんだけどさ。でもなんかこう、発表のタイミングでどんどん新機能が明かされるのを見ながら盛り上がって購入するという楽しみを、ネットメディアの方々は提供する気にはならんもんなんでしょうか。