読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

ドコモからiPhone発売がほぼ確定になったことにより、iPhone5Sを買うならauが大本命に

こんだけ各社が報道しているからほぼ確定だと思うんですが、iPhone5Sがドコモから出ることになりそうです。個人的には100パー無いと思っていたのでびっくり。お役所体質でもさすがに危機感が出てきたということでしょうか。

朝日新聞デジタル:ドコモ、iPhone販売へ 早ければ20日から - 経済・マネー 朝日新聞デジタル:ドコモ、iPhone販売へ 早ければ20日から - 経済・マネー

ドコモがiPhone販売へ NHKニュース ドコモがiPhone販売へ NHKニュース

ドコモ、iPhone販売へ 今秋にも新モデル  :日本経済新聞 ドコモ、iPhone販売へ 今秋にも新モデル  :日本経済新聞

そんなわけで、この報道とiPhone5Sに関するリークが全部本当であれば、9月20日にドコモ、au、ソフトバンクが一斉にiPhoneの販売を開始することになります。

となると、これから焦点となってくるのは「どこが一番通信費が安くなるか?」という金額面での比較は当然のことながら、「どこが一番パケ詰まりを起こさないか?」というつながりやすさが一番大きなポイントになってくると思います。

果たしてどこが一番繋がりやすいのかを考えると、まず現在販売されているiPhone5においてはソフトバンクがauを一歩、いや五歩くらいリードしています(auは行政指導受けてますし)。

しかし、iPhone5Sからはauが一番力を入れている800MHz帯に対応するといわれているので、ソフトバンクとauの比較だとauが逆転する可能性があります。田中社長がおもらししまくっているので、たぶん対応するでしょう。

LTEエリア競争は「auが断トツで勝てるのでは」──KDDI 田中社長 その理由は「新iPhone」 (1/2) - ITmedia ニュース LTEエリア競争は「auが断トツで勝てるのでは」──KDDI 田中社長 その理由は「新iPhone」 (1/2) - ITmedia ニュース

 

そしてドコモはというと、正直なところiPhoneのつながりやすさに期待が持てません。昨今のスマホ普及率の上昇に合わせて通信障害が起きるケースが増えているので、iPhone販売を開始した日にはもう、目も当てられないことになるかもしれない。無料のwi-fiスポットも少ないし、いったいどんな地獄絵図になるか想像できません。

なので、初めて日本の3キャリアが扱うことになりそうなiPhone5Sについては、800MHz帯に対応するのであれば、auが大本命になりそうです。理由は、ソフトバンクは今まで獲得してきたiPhone目当ての顧客をつなぎとめるべく鬼のような安売りを展開するでしょうし、ドコモはiPhone発売によって他社へのMNPを阻止できるので、今までドコモを草刈場にしてきたauは新規顧客の獲得が困難になるからです。

iPhone目当てにMNPしてくる客が減るということは、今後auにおけるiPhoneユーザーの増加ペースがゆるくなるということで、通信量がそれほど増えないということになります。なので、待望の800MHz帯導入で3キャリアの中でダントツでつながりやすくなったとしても、使う人が増えない。となれば、少なくともiPhone5Sにおいてはauが大本命になります。

大苦戦確定ゆえに大本命という皮肉ではありますが、せっかく買ってもつながらなければただの板チョコなので、iPhone5Sはauかなぁと。