ヤドリギ

遺書代わりのメモ

Apple製品はもう誰も驚かないものになったんだなという雑感

今更ながらにiPad Air等が発表されたアップルのイベントを見たんですが

http://www.apple.com/jp/apple-events/october-2013/

なんですかこれ、全く盛り上がってないというか、会場全体が噂の確認に来たレベルの雰囲気。個人的に「MavericksはFreeでTodayから配布だぜ!」の後に会場がシーンとなっていたのが笑えました。ほぼ予想通りだったのが悪いのか、今まで驚かせすぎて客が耐性つきすぎなのが悪いのか。

iPad Airの発表もイベントが始まってから1時間経ってからだったせいか拍手もまばら。なんか、落ち目ってこういう感じなのかなぁと思いながら眺めていました。全盛期のアップルだったら「Foooo!」な反応が1つ1つの機能の説明にあったものですが、今回に限っては会場の客がCGなんじゃないかと思えるくらい、機械的にプレゼンが進みます。

製品は文句なしに良いし、タブレットに関しては買うとしたらiPad一択だよなぁと思えるのですが、なんだろう、買うときのワクワク感というのは、もうこの企業は作れないんだろうなと思えるプレゼンテーションでした。

あれだ、たぶん作っている人たち、発表している本人が自分たちの製品に驚いていないんだろうな。