ヤドリギ

遺書代わりのメモ

ドワンゴが新卒入社試験を有料にすることによって変わりそうな新卒採用の“ルール”

ドワンゴが2015年の新卒採用において、入社試験を有料にしたことが話題となっています。

新卒入社試験の受験料制度導入について | ドワンゴ 新卒入社試験の受験料制度導入について | ドワンゴ

おそらくなんですが、これはずっと温めてきた企画なんじゃないでしょうか。ネットからのエントリーが当たり前になった今、適当にエントリーする人が大量発生していることは事実ですし、ドワンゴにエントリーする人の中には一定量のキチガイがいて、冷やかすためだけに来ている可能性もあります。

というわけで、今回の有料化は「タダで冷やかしに来れると思うなよ」という、ドワンゴからの強烈なメッセージなのではないでしょうか。地方からのやつはタダですが、交通費出してまで会場で暴れる人はいないでしょうし、そもそもそんな人が試験を突破できるとも思えないので、採用コストは激減すると思われます。

これからおもしろくなってきそうなのは、一応上場企業であるドワンゴが有料化に踏み切ったことを受け、他の企業がどう動くか。採用コストの圧縮に関しては難しい課題を化すライフネット生命と、社長の好みの顔かどうかで採用を決めるサイバーエージェントが有名ですが、金という新しいファイアウォールが登場した今、他の企業がどういう策をとってくるかが楽しみです。