読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

後輩に抜かれ始めた自分を認められず、うつに逃げる30代

新年早々ですが、社員を1人解雇することになりました。

今回解雇する社員は30代中盤の男性なんですけれども、後輩がどんどん力をつけてきて、自分のポジションが奪われそうになった直前に「うつ」になり、それを理由に「しばらく休職したい」と申し出てきたことが解雇のきっかけになりました。知り合いの会社から欲しいと言われているので、春先からそこで働いてもらおうと思っています。

30代中盤は抜かれることが珍しくない時期

30代中盤は非常に難しい時期です。遅く大学を卒業した人を含めても、だいたいの人が社会人になって10年以上のキャリアを積んだことになるので、それなりに先輩としての自覚が出てきます。後輩におごったり、仕事を教えたりすることが多くなるころです。

しかし、同時に後輩に抜かれることが増えるのもこの時期。体力の衰えと共に集中力が低下し、20代中盤くらいの後輩に実力で劣る人が出てきます。雇っている側としては、一番気を遣わないといけない時期です。

ここで大事なのは、抜かれても良いんだよと教えること。誰でもずっと先頭にいられるわけじゃないことと、調子が悪くなる時期もあることを給与査定の場や社内でのちょっとしたやり取りの中で伝えてあげる必要があります。そこでわかってもらえると、もう一度後輩達を見返すような結果を出してくれるようになります。

プライドを捨てられない人が脱落する

ただ、わかってもらえないケースもあります。話を理解してくれないのはプライドの高い社員と、センスが良い社員。どちらもあまり挫折をしたことがないので、挫折に徹底的に弱い。挫折を挫折と認めないで生きてきた、なんて人になると目も当てられないことになります。「自分が後輩に抜かれたのは実力がないのではなく、実力が出せない状態にあるからだ」という結論に達し、実力が出せない理由をうつや会社の環境に求めるようになり、いつまでも「強い自分」のまま生きていくわけです。

今回解雇する社員は、残念ながら抜かれることを良しとしないタイプでした。しかも人事異動の話が出る直前にうつってあなた、「うつの○○さんに代わって□□さんをチームリーダーに」みたいな展開にして「優秀な自分」をキープして逃げる気満々じゃないですかーやだー、ということで、解雇。

f:id:miyazawataichi:20140107122959p:plain

人事からここ1年ほど逃げの姿勢になっているレポートをもらっていたので、少々残念です。うつになって衰えるのと、衰えてからうつになるのは天と地ほどの違いがありますので。

スポンサードリンク
 

広告を非表示にする