ヤドリギ

遺書代わりのメモ

圏外電源カフェって儲かるかしら

先日儲けさせていただいた東電株の利益を使って、週末の夜限定で使える、仲間内限定の「圏外電源カフェ」というのを作ってみた。入り口のセキュリティボックスに携帯(スマホ)を入れないと店の中には入れないルールで、フリーWi-Fiもなし。その代わり電源は豊富にあるという形態だ。

これが意外なことにウケが良く、朝まで居座る人が続出。ネットがないのでメールチェックや動画閲覧、まとめサイト横断等ができず、仕事に集中せざるを得ない状況におかれるのが心地よいらしい。中には1日で1週間分の資料を作って帰る人もいる。

スポンサードリンク

ネットから遮断されると、仕事の際に参考にするサイトを見られなくて効率が下がるかなと思ったが、意外とそんなことはなかった。ネットにつなぎながらやる仕事と、ネットにつながずにやる仕事は全くの別物であり、今後の会社のあり方や必要な人材の洗い出し等はネットを見ずに真剣に考えた方が良い結論が出る。オープンしてからまだ半年も経っていないが、訪れる人たちからはそんな意見を聞く。思っていたより、この手の半強制的な圏外は求められているようだ。

もう少し人数が集まったら、お互いの情報を交換し合う勉強会や、くすぶっている人材の交換会(要するにコネ転職)も開催していきたい。といっても、集中して仕事が出来る場を作ることが元々の目的なので、その辺はうまく舵取りをしていかないといけないのだけれど。

食事はあまり騒がしくならないように軽食とコーヒーだけに限定していたが、アルコールの希望も出ているので、春くらいから1杯限定にして提供しようかなと考えている。調理師免許を持っている人の練習の場にして、本格的な料理もだそうか…などなど、仕事と関係のない場の運営の改善は、大変だけど楽しい。

広告を非表示にする