ヤドリギ

遺書代わりのメモ

「今の若い人はね…すごいんですよ」と言える年寄り

「今の若い人はね…すごいんですよ」

順調に会社を大きくしている経営者と話をしていると、こういった話をよく聞く。彼らは今の若手には有能な人がたくさんいて、どうやったら自分の会社に来てくれるか、副業的に手伝ってくれるかをいつも話し合っている。

その通りだと私も思う。今はインターネットという知識の高速道路を使って先人の知恵を一気に吸い上げて成長した子達がどんどんと社会に出てきていて、ちょっとでも経験を積む機会を与えれば1、2年もすれば莫大な利益をもたらしてくれる。最初は頭でっかちなところがあるのでそこを修正するのに少々骨が折れるのだが、昔の人材に比べたら成長スピードが全然違って、教える方も楽しい。

スポンサードリンク

去年辺りからホリエモン出所効果か「独立したい」という話もいくつか出てくるようになった。有能な若手を失うのは結構辛いが、ウチはそんなに大きな利益を出し続けている会社ではないので、給料が払いきれなくなる前に独立してもらうのはありがたい。相談してくる時点ですでにメンバーが揃っていたり、オフィスも決まっていたりする子もいたりして、今の若い人は行動力があってすごいなと驚かされる。

分数の計算ができないとか、言葉遣いがなっていないとか、社会に出るにあたっての問題を抱えている若い人もいることは知っているが、それは昔も同じこと。私たちはその事実があることを認めつつ、能力が高い人もたくさんいるのだという現実を理解し、これからも良い人材を集めていきたい。

そして、「今の若い人はね…すごいんですよ」と、笑顔で言える年寄りでありつづけたい。

広告を非表示にする