読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

年収1000万になるための方法を年収300万くらいの人が説明するのが日本のネット社会

「1億円の売上を達成したかったら、売上1億以上の会社の方法しか研究するな」と社内で話をすることがあります。理由は単純で、自分たちの目標を達成していない会社を研究したところで、何の参考にもならないからです。夜の世界で働いていた時も同様に、上昇志向のある奴には「トップになりたいならトップを参考にしろ」とハッパをかけていました。

年収も同様で、多くの人のベンチマークである1000万を達成したかったら、年収1000万以上の人に達成するための方法を聞くべきです。会うのは難しいでしょうけど、金持ちほど時間が余っているので、うまく理由を作って会いましょう。

スポンサードリンク

ところで、日本のネットでは年収300万にも満たないだろう、と思われる方が「年収1000万を達成するための〇つの方法」みたいな記事を書いているのをよく見かけます。そして、それをシェアする人がたくさんいます。

これ、どうなんだろうなぁと。この手の記事を見かけるたびに「だったらお前がやって本当に1000万越えるか証明してみろよ」と言いたくなります。彼氏、彼女ができる方法とか、その辺の記事も同様です。

わかりやすい例で言えば、今年マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したモイーズでしょうか。まだまだ発展途上の監督かもしれませんが、今シーズンに限っては「一流の選手を扱えるのは一流の監督だけ」という現実に直面しています。

彼は今まで中位にいることが多かったエヴァートンの監督を務めていたので、中堅どころの選手の扱い方は知っていたけど、トップクラスの選手の扱い方はわからなかった。結果、現在は見事に古巣エヴァートンとほぼ変わらない成績に沈んでいます。1年か2年くらいトップクラブの監督のサポートをするなり、結果を残しているチームのビデオを見て戦術の勉強をするなりしておけば、多少は結果は変わっていたでしょう。

このように、自分の立てた目標を達成するには、すでに達成している人、企業の事例を参考にするのが有効です。今は達成していないけど、これから間違いなく達成するであろう人を参考にすることもありです(人を見る目があるかどうか、という条件はつきますけど)。

やってはいけないことは、自分以下、もしくは同等の人を参考にすること。年収の話で言えば、月10万くらいの稼ぎしかないフリーターが「使い切れないほどのお金を手に入れる○つの方法」なんて本を出したら、買わないでしょう?なので、すでに達成している、自分より上にいる人を参考にしましょう。

まぁ、この意見をど直球で参考にしちゃうとア○ウェイとか入会しちゃう人が出てきそうですが…堅実に稼いでいる人を探しましょうね。