読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

フリーランスのウェブ制作者におすすめのテンプレート作り

自分はフリーランスの方に仕事を頼むことが結構あります。で、その度に「この人技術はあるけど、経営センスがなぁ…」とちょっと残念に思います。雇っても良いんですが、それだと何のためにフリーになったかがわからなくなっちゃうので、悩ましいところ。

というわけで、使える人はプロジェクトが終わった後打ち上げに呼んで「テンプレート作っておけ」と伝えるようにしています。

ここで言う「テンプレート」というのは、制作時間を短縮するためのものです。jQueryやreset.cssを最初から読み込んであるHTML一式を作っておくとか、VPSのセットアップの手順をまとめておくとか、Wordpressで最初にインストールするプラグインdropboxの中にまとめて入れておくとか…細かいですが、毎回制作開始時に必要なものを最初から準備しておくと、制作時間は大幅に短縮できます。

あと、ポータルサイトやダウンロードサイト等、汎用性の高いシステムをデザインは適当で良いので作っておくと、単価が高めの案件をゲットしやすくなるでしょう。管理画面も作っておくとなおよし。例としては賃貸物件紹介サイトを構築しておくと、いろんなものに応用できて便利です。

スポンサードリンク

最後に、自分のノウハウをwikiか何かで管理しておくことをオススメします。自分のポートフォリオを掲載するサイトをお持ちであれば、そのサーバのどこかにPukiWikiでもインストールして、今まで請けた案件で身につけたトラブル対処法や「仕様です」と断れる要望などをまとめておきましょう。もちろんbasic認証をかけてください。これはEvernoteだと一覧制が高くないので、wikiが良いかと。

フリーランスの方は変なこだわりがあるのか、どんなものもスクラッチで作ってしまうクセがある人が多いように見受けられます(自分が今まで紹介してもらった人たちがたまたまそうだった可能性もあると思いますが)。TwitterFacebookやっている時間を少し削って、今後生きていくためのお金を簡単に稼げる仕組みを構築していくと良いですよ。