ヤドリギ

遺書代わりのメモ

なんでもレスポンシブにしたがるこの流れをどうにかしてほしい

レスポンシブWebデザイン案件が猛威を振るっており、ブラウザの大きさを広げたり狭めたり、スマホタブレットを机に並べて検証したりと忙しい日々を送っています。正直あまり好きじゃないんですが、流行りに対応するのが弱小企業の生きる道だからしょうがない。

しかし、世の中にはレスポンシブに向いているのと向いていないのがあるわけで、賃貸物件の検索サイトみたいな情報量がてんこ盛りなサイトを「レスポンシブに」と言われると「お帰りください」とにこやかに返したくなりますね。

レスポンシブはPC版、スマホ版両方のソースコードを読み込むから動作が遅くなるので、情報量が多いサイトはPC、スマホで振り分けた方がいいです。URLの問題はcanonicalタグ使えば解決するし、「レスポンシブだと検索順位が上がりやすいとSEOコンサルタントから聞いた」と言われたら「具体的に順位が上がった事例って一緒に教えてもらいましたか?」と返せばいい(実際に聞いたことがない)。その方がUI設計もしやすいし、PCとスマホを別ファイルにすればスマホ版はCSS3をうまく使って軽量化できるし。2サイト分作ることになっちゃいますが、この方が損はしません。

スポンサードリンク

個人的にレスポンシブに向いているなと思うのは、コーポレートサイトとか、芸能人のオフィシャルサイトとか、更新頻度がそれほど高くないサイトです。こういうサイトを頼んでくる人はパソコンが苦手な人が多いので、できるだけ更新の手間をかけない形で作る必要があります。そういう時にレスポンシブは強い味方ですね。

来年くらいには何でもレスポンシブブームは去るかなー。去ってくれるといいな。