ヤドリギ

遺書代わりのメモ

「ありがち」で「知っている」こと、どれだけできていますか?という話

比較的最近の話なのですが、いわゆる富裕層と言われる方々を圏外カフェに招いて、社員を集めて勉強会を開催しました。

目的は富裕層のメンタリティーを伝授…ではなく、彼らがどういう考えでお金を稼いできたか、という話を聞いてもらうことでした。一代で財を成した人の話だったので、独立志向が強い社員にとって参考になるかな、と思ったのです。

結果は、まぁまぁ成功したかな、といった感じ。考え方を180度変えるような衝撃を与えた、というよりは自分の習慣、考え方を改めるきっかけを作れたというのが正しいかもしれません。勉強会をきっかけに、社員がもう少しレベルアップに貪欲になってくれたらいいなと思っています。

んで、肝心の勉強会の内容はどうだったんじゃいという話なのですが、本当に「ありがち」で、「知っている」ことのオンパレードでした。

「金持ち父さん貧乏父さん」に載っているようなお金の話をしたかと思えば、早起きをしようとか、約束は守ろうといった良い習慣についての話になり、最後に、どうお金を使って、どう増やすかという話で終わりました。

どの話もどこかで聞いたことがあるし、ベストセラーで見かけることができるものだったので社員たちは最後の方は寝そうになっていたのですが、彼らが目を覚ましたのは、話の締めの言葉でした。

スポンサードリンク

「たぶん今日の話はみなさんが聞き飽きたものだと思います。しかし、今日お話したことを全て、毎日実践している人はどれだけいるでしょうか?

ここで、眠そうな空気が一変しました。彼は続けてこのように言って、話を終えています。

「私は今日お話したような珍しくも新しくもないことを他の人より実践し続けられたから、今の地位があると思っています。たまには約束した時間よりちょっと遅れてもいいかな、株を買っている会社の決算が今日出たけど、チェック面倒くさいから明日にしようかな、昨日飲み過ぎたから明日は遅く起きてもいいかな…そんなことを考えている人たちがいるおかげで、私は稼げているのだと信じています。逆に私よりずっと優秀な人達が私と同じことをしたら、私はもう稼げないでしょう。

世の中の動きが早くなっているとか、パラダイムがシフトしているとか、そういった空気に流されて、新しい考え方とか、意外な方法こそ正しいものだと勘違いをする人が増えました。みなさんはこの空気に流されることなく、今日お話した基礎中の基礎を、100%とは言いませんが98%くらいはやりきってみてください。

ライフハックに手を出す前に、ライフハックを実践できる基礎を固めてください。人脈を構築する前に、人脈をつなぎとめられる力を身につけて下さい。泳げないうちから、泳ぐコツばかり学ばないようにしてください。

お金は、築き上げた基礎の上に気づいたら乗っかっているはずです」

 

さて、今週から社員の働き方は変わるかどうか。楽しみです。