読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

自分のしょぼさがバレそうな人といるときだけコミュ症ぶる「マイルドコミュ症」

「コミュ症」っていう単語が広まって結構たつわけなんですけども、最近、「わたしコミュ症なんです」と宣言する人のほとんどは自分のしょぼさを知られないためにコミュ症を隠れ蓑にしているんじゃないかと感じるようになってきました。

最近この手の「自称コミュ症」な人と立て続けに会うことがあったので、備忘録を兼ねて傾向をまとめておきます。流行りのあの単語になぞらえて「マイルドコミュ症」と名づけてみました。

マイルドコミュ症の特徴

・初対面の人の前では超饒舌。でも2回目以降は別人のようにテンションが低い。

・「人見知りなんです」が口癖。「えー!そう見えない」と言われると超がつくくらい喜ぶ。

・いつも忙しそうに振る舞っている。

・特定の分野について自分より詳しくない人の前では強気で喋るが、自分より詳しい人の前ではあたかも何も知らないかのように振る舞うorその分野についての話を絶対にしない。

・話し始める時、冒頭1分くらいかけて二重、三重にバカにされないための予防線を張る

・一度スイッチが入ると一方的に喋り、気が済むとそれ以降の話に一切参加しなくなる。

・「好きな〇〇」の話になると挙動不審になる。

・自分の知らない・興味のない話題になるとスマホをいじりだす。

・冗談だったとしても、1回でも「自分より下」と思っている人に自分の意見を否定されるとガチで凹む。

リア充が1人でもいると空気になる。

・「Facebookはいいね!稼ぎがうざったくてやめました」

スポンサードリンク

まとめると

コミュ症というか、ただのビビりなのかなと。

もちろん全部当てはまるわけではありませんが、「自分のしょぼさ」を隠すために自分より上の立場の人に対して沈黙を貫く姿勢はどんな人にも共通しているなと感じています。