ヤドリギ

遺書代わりのメモ

新宿の焼身自殺は本当にダサかった

日々人身事故でバラバラ死体が生成され、週末は路上にもんじゃ焼きを作る人がいて、繁華街で女子大生が脱糞することもある魔都東京にとって、焼身自殺は特段驚くようなものではありません。

ネットではショッキングな画像が中心に流れていましたが、火をつける前に何かしらわめいていたころの写真の方がある意味ショッキング。

f:id:miyazawataichi:20140630202248j:plain

ご覧のとおり美しいくらいの無関心っぷりです。新宿、渋谷辺りでは毎週末駅前で街宣車の上に立った人ががなりちらしているので、そのうちの一人と捉えられていたんじゃないでしょうか。

というか、本当にダサかったですねこの人。焼身自殺は人との距離が近い方がショックの度合いが強く、政治的主張も強くなるのに、なんで見えづらい橋の上なんかを選んだんでしょう。橋の上で命かけてアピールするなら首吊りの方がいいです。センスがなさすぎです。ダサい、本当にダサい。マーケティングをわかっていません。

やるなら国会議事堂前スマホ使って自撮り生放送しながらガソリンをかぶり、スマホもろとも燃えながら政治的主張をして最後はスマホ壊れてブラックアウト、という展開にすれば世界中にもっとアピールできただろうに。あれです、政治的結社の方々はもうちょっとネットを勉強しましょう。

スポンサードリンク

ちなみにあれだけニーズのない死に方を選んだ方、死ななかったそうなのですが将来どうするんでしょう。生還後はぜひワタミの前でブラック企業反対を唱えながら焼身リベンジをかましていただきたいものです。