読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

個人で実名ブログを始める前にやっておきたい4つの事前準備

実名でブログをやることは結構なリスクであると同時に、当たると指名で仕事が入って来やすくなるブルーオーシャンな側面もあります。

そこで、実名でブログをやることを検討している方のために、事前に準備しておくといいかな?と思うことをまとめてみました。

1:匿名ブログで色々と書いてみる

実名でやる場合は、ある程度の専門性を持ったブログを書くほうが支持を得やすいです。まずは色々なジャンルのブログを匿名で書いてみて、自分が書き続けられそうなテーマとアクセス数の相関性をチェックし、自分に一番合ったテーマを決めましょう。

やってみるとわかりますが、テーマはだいたい自分の好きなこと、もしくは仕事に収束するかと思います。

2:最初のサーバーはとにかく安いのを選ぶ

テーマが決まったらいよいよブログ開設で世の中に打って出るわけですが、最初のサーバーは月額1000円以下のものにしましょう。

よく「急なアクセス数増に対応するためにちょっと良いサーバーを契約しよう」みたいなアドバイスをネットで見かけるのですが、貴方がよほど有名人でない限りそんな日は1年に1回来るか来ないかだと思いますので、最初はお財布にやさしいものにしましょう。

専用サーバーとか間違っても契約しないように。

スポンサードリンク

3:独自ドメインwhois代行してくれる会社で買おう

「最初から検索上位になるからオールドドメインを」…なんて話に乗っかって海外でドメインを買ってしまうと、whois検索で自分の名前や家が表示されてしまいひぃぃ、ということになってしまうので、独自ドメイン検索エンジンの評価がゼロであろうと気にせずにお名前.comやムームードメインで買いましょう。

月々のお小遣いのために自分の個人情報をネット上に公開するのはリスクが高すぎます。

4:著作権について調べておこう

近年流行っているバイラルメディアを始めとした新興メディアを真似したブログを作ろうとしている方は、著作権には全力で配慮するようにしてください。

「写真?flickrにあるじゃん」と何も考えずにダウンロードしてさもオリジナルであるかのようにぺたぺたと貼り付けたりするのは最初のうちは良いのですが、中途半端にアクセス数が増えてくると、他人の人生を生きることが趣味の人に「ここが違反ですねぇ」と検証記事を書かれ、拡散され、しばらく“お問い合わせ”の嵐がやってきます。最悪、自分の名前で検索すると「著作権違反の〇〇さん」という記事が上位に表示されるようになり、就職などに不利に働く可能性が高くなります。

他人のコンテンツを使うときには、問い合わせをするなり適切な使い方を調べるなりして、「使わせてもらう」という気持ちを忘れないようにしましょう。

-----------

…と、こんな感じでしょうか。近年では4の著作権についての勉強は必須かと。

2ちゃんねるまとめブログやバイラルメディアは基本的に匿名、もしくは担当者不明の企業がやっていることが多いので運営者情報を多少掘り下げられても痛くも痒くもないのですが、後ろ盾のない個人が同レベルの追求を受けると結構詰みに近くなります。

楽をしないブログがこれからは生き残っていけると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。