ヤドリギ

遺書代わりのメモ

和製英語でもいいから、とりあえず英語話す人は強い

私は仕事で海外に行くことが結構あって、現地で商談をすることも少なくないのでネイティブレベルの英語ができると思われがちなのですが、実際はバリバリの和製英語です。rとlとか大事な部分の発音はできるだけしっかり区別しようと心がけていますが、だいたいがローマ字読みになってしまいます。

「それじゃあ通じないんじゃないか?」「ネイティブレベルの発音でないと信用されないんじゃ?」「交渉下手乙」と思われるかもしれないのですが、実際の所ネイティブレベルの英語で話す機会なんてなかなかありません。アジアはアジア訛りがひどい英語が珍しくないので、私の発音がひどかったところで「こういう意味か?」とお互いに聞きながら話ができるので余裕で通じます。スペイン語圏になると、日本語と同じく母音がaiueoの5つなので、ローマ字読みの英語の方がお互いにわかりやすく、話がしやすかったりします。

スポンサードリンク

今、フィリピン支部で奮闘している若手社員たちもつたない英語を駆使して現地採用をして、コミュニケーションを取り、仕事を進めています。「発音ひでえww」と言われそうな英語でも迷わずに話し、通じなかったところは辞書を使って「今こう言ったんだ」と伝えて、少しずつですが利益を出す下地ができてきました。最初は「こんなひどい発音だと恥ずかしい」と思っていたようなのですが、現地の人もそんなにきれいじゃない英語を話していたので、「伝わればいいんだよ!」と自信を持って話せるようになったようです。

一方、日本では未だに完璧主義が残っています。rの発音がきれいにできないととか、thの時舌を噛むのがうまくいかないとか、そういうことを気にしている人が少なくありません。このブログを読んでいる人の中にも、全てをマスターするまで英語は話さないと考えている人はいるんじゃないでしょうか。

英語を話せるようになりたい、英語を使って仕事をしたいと思っている方は、なんでもいいんでとりあえず喋っちゃいましょう。クラブで外国人と話すとか、そういうハードルの低い所からスタートするのがいいです。最初は恥ずかしいかもしれませんが、外国人も我々が「うわぁ」と思うような発音、イントネーションの日本語で話しているわけです。我々が同じような感じで英語を話したところで、単語が聞き取れれば彼らは理解しようとしてくれます。

広告を非表示にする