読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

週3回果物バイキングの時間を設けたら社員の生産性が上がりまくってびびった

最近朝食を無料にした会社のニュースをよく見かけるようになって「ウチでもやるか」という議論をしていたのですが、さすがに零細企業の我々が平日毎日の朝食を準備するのはコスト面で無理だということで、実験的に週に3回、15時頃に果物バイキングができる「果物デイ」を設けてみました。そうしたらえらい生産性が上がりまして、驚いているところです。

朝食や昼食を安く提供するのはできないことではなかったのですが、食事は自分が好きなモノを食べたい人のほうが多いんじゃないかなと思い、今回はおやつに手を付けることにしました。コンビニのお菓子ばかり食べるのは身体に悪いし、飽きている人もいるだろう。ついでに果物だけならコストもそんなかからないし、健康面でもメリットがある…そんなことを考えての果物デイの導入でした。

2、3ヶ月くらいやったら飽きて終わるかなと思ったら想定外の人気で、気づいたら「毎日やれ」と言われるように。旬の果物一覧とかメールで送りつけてくる社員もいたりして、みんな意外と健康面気にしてんだなと感心しました。

こういう想定外の反応があったりすると、経営の奥深さを感じます。

スポンサードリンク