ヤドリギ

遺書代わりのメモ

倒産する会社から学べる、経営者がやってはいけない5つのこと

うん十年と経営者をやっているので、いつも一緒に飲んでいた○○さんの会社が借金抱えて倒産した、みたいな話は今まで山ほど聞いてきました。そしてその都度、何が原因だったのかを分析し、自社の経営に役立ててきました。

だいたい潰れる会社には共通項があります。以下に書いていきますが、「これくらい防げるやろ」と思えることばかり。でも、できない人多いんですよ…

1:給料の支払いが遅れる

f:id:miyazawataichi:20150129203131j:plain
Photo by Money | Flickr - Photo Sharing!

私が今まで自分の目で見てきた倒産の中で、ダントツ1位の原因は給料の支払い遅れ。1日くらいならギリ許してもらえますが、それが何回も続くと社員のモチベーションはだだ下がり。さらに優秀な人の離職につながります。

経理担当者が突如疾走したとか、銀行のシステムがダウンしたとか、どうしようもない事情がない限り、給料の支払いは遅れてはいけません。遅れるとしたら給料日前に納得のいく説明をしましょう。

1週間以上遅れたら、社員全員が離職することを覚悟しましょう。それくらいカネは重要です。

2:社員とのコミュニケーションを避ける

f:id:miyazawataichi:20150129203340j:plain
Photo by New office | Flickr - Photo Sharing!

急拡大する会社にありがちなことなのですが、「こいつ誰?」な社員がどんどん増えていくことがあります。で、なぜそうなったのかを思い出してみると「あまりにも忙しくて面接する暇がなかった時期に採用を現場に一任していた」なんてことになるのです。

若干主観が入りますが、現場の判断で採用する人はだいたい使えません。現場は自分の負担を軽減してくれる使い勝手のいい人材を採用する傾向があるからです。結果、社内に伸びしろのない社員が増えることになるので注意しましょう。

知らない社員が増えた時は、時間があるときにできるだけ話しかけ、名前と何をしているのかを把握する時間を設けましょう。「社員にうざがられるのは嫌だな」と思うはずですが、それも社長の仕事。うざがられるくらいがちょうどいいのです。

そして、時間ができたら最終面接は自分がやるようにしてください。ここを怠けると給料泥棒に会社を潰されることになります。

3:愛人を作る

f:id:miyazawataichi:20150129205157j:plain
Photo by Wine | Flickr - Photo Sharing!

これは男性経営者に限らないのですが、儲かると都合のいい異性を求める人が増えます。有名どころでは某サ○バーの社長が秘書に手を出していますが、ああいう感じで権力欲をカネで満たそうとする人がいるのです。

もし愛人がいらっしゃるのであれば、悪いことは言わないので別れたほうがいいです。手切れ金が多少かかったとしてもです。結婚して子どももいる場合は、最優先のタスクにしてください。

愛人は将来的に会社の内情、あなたの秘密を暴露する爆弾になります。別れるときに脅されて、毎月自分の給料以上のカネを払うことになる可能性もあるわけです。欲を満たしたい気持ちはわかりますが、ぐっと抑えて。場合によっては風俗を利用して落ち着かせるようにしましょう。

4:勉強しない

f:id:miyazawataichi:20150129204110j:plain
Photo by Gary had a long night | Flickr - Photo Sharing!

たまにびっくりするんですが、世の中のトレンドを全く知らない経営者に会うことがあります。まあそういう人の会社はだいたい数年以内に潰れちゃうんですけども、なんで勉強しないのかなぁと不思議に思います。

新聞でもニュースアプリでもなんでもいいので、最新の情報は常に頭に入れておくようにしましょう。何が何でも勉強をせず自分の思い通りに経営をしたいのであれば、頭のいい幹部をナンバー2、というか実質の社長ポジションに置き、自分より高い給料を払ってください。

今は昔の何倍ものスピードで世の中が変わっています。昔ながらの経営者の直感みたいなもので何度も成功する時代は終わっているのです。

5:ネットで失言をする

f:id:miyazawataichi:20150129204914j:plain
Photo by Twitter Streams | Flickr - Photo Sharing!

世の中には信じられないことに、考えていることをネットにダダ漏れさせる経営者がいます。しかも本名で。当然社員は簡単に検索できるので、社長の1つ1つの発言に戦々恐々としてしまうわけです。

自分の発言は思ったより見られていると自覚してください。政治的なツイートをして炎上したり、アホ丸出しの写真をFacebookに投稿したりするのは控えましょう。おそらく1人でも社員が見れば、「うちの社長マジ大丈夫なのかな…」という一文を添えて社員全員に共有されるはずです。

たった1つの失言から経営危機になる可能性はゼロではありません。ソーシャルメディアのアカウントを持っている人は運用に気をつけましょう。

まとめ

色々と書いてきましたが、会社が潰れる原因の99%はカネにあります。給料が払われない時の社員の落胆、会社への忠誠度の低下はあなたが思っている100倍はあると思ってください。

どれだけ社員からボロクソに言われても、給料を遅れることなく払い続けることができていれば、それは良い経営者です。自分の実現したいことを手伝ってくれる社員への感謝を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク