ヤドリギ

遺書代わりのメモ

面倒くさいからiPhoneにしているんだほっといてくれ

私は初代iPhoneからずっとiPhoneを使い続けていて、Android携帯は会社全体でアプリをチェックする時以外使ったことがありません。おそらく今後もずっとAndroidとは縁がないんじゃないかな―、といったところです。

いやいや世界全体ではAndroidの方が使われているんだからAndroidも使っておきましょうよとか、カスタマイズしたらAndroidの方がずっと便利なのにiPhoneに固執するやつは情弱とか言われても、面倒なんですよ。ほんとに。連絡先を同期する作業とか、使用頻度の高いアプリがAndroidでもあるのか確認する時間とか、もったいなすぎてやってられないわけです。そんな時間があれば事業に没頭したいんですよ。

スティーブ・ジョブズマーク・ザッカーバーグが毎日同じ服を着ているのは、自分が何に集中すべきかを考えた結果だと言われています。事業に集中したいから、他のことを考えなくていいように服は同じものだけにしていると。私は同じような気持ちでAndroidには機種変しないわけです。

スポンサードリンク

これが条件が変わって、もし自分が経営者じゃなくエンジニアだったら両方使っていると思います。その代わり、他のことはあまり考えなくなるでしょう。毎日同じものを食べるかもしれないし、服はユニクロでまとめて買ってそれをローテーションするとか、優先度の低いものについてはあまり時間をかけず、こだわりもしないはずです。

なんでこんなこと書いているかっていうと、先週のとある飲み会で「便利なのはiPhoneAndroidか?」みたいなテーマが出たから。こういうテーマになるとAndroid使いこなしている人たちが「カスタマイズできないiPhoneはクソ」とか言い始めて、そこから長いiPhoneディスが続くわけですよ。んで、私も「老人は何も考えずiPhoneだよな(上から目線」とディスられるわけです。

いや、私、そういう視点でiPhone選んでないんですよ。事業に集中したいから、携帯はiPhoneしか見えてなくて、Androidはすでに比較対象に入っていないわけです。そのへんわかってもらいたいなぁと。