ヤドリギ

遺書代わりのメモ

Apple Watchの使い道が全くわからない

というわけで、Apple Watchです。一応買いましたよ、一番安いやつ。でも、もう使ってないです。「とりあえずお前らが使いたくなるアプリを考えろ」と開発チームに寄贈することにしました。

わざわざApple Watchに届いた通知を見るよりiPhoneをポケットから取り出したほうが早く確認できるし、SMSとかも喋るよりフリック入力で返したほうが圧倒的に早いし、音声入力だけだと文章に限界があるしで、何のために発売したのかわからないレベル。誰だこんなのOK出したやつ。

んで、Appleの公式サイトを見ても、どう使って欲しいかよくわからないんですよ。iPadは発表時にジョブズが使い方をプレゼンしてくれたので「でかいだけかと思ったが意外と使えるんじゃないか」と思ったものですが、Apple Watchはプレゼンや公式サイトを見ても普段の生活の中でどう使うべきか全くわからない。おそらくAppleのファンでも使い道がわかってないんじゃないかと思います。

今のところ、使い道としてはランニングの記録とかでしょうか。でも、それならアームバンドでiPhone括りつけて走ってもいいですし、これだと心拍数が測れなくてもとくに困らない人はずっと安くトラッキングができます。

なんだろう、別に出したことを批判したいわけではなく、この製品を出すに至ったプロセスを知りたいのです。趣味レベルのものだったのか、それとも本気だったのか。今までのApple製品はかなり計画が練られた状態で発表されてきたのですが、ことApple Watchは狙いが読めません。やっぱりジョブズがいないとダメなんでしょうか。

Apple Watchがこれから成功するとしたら、Apple Payとの連携が強化されて超便利な決済用端末として化ける、といったところでしょうか。でも、それだとアメリカくらいしかインフラ整いそうにないし、アメリカ以外の国だとAppleファンの証明として身につけるくらいしか用途がなさそうですね…うーむ。