ヤドリギ

遺書代わりのメモ

Apple Musicのおかげで音楽の良さを思い出した

スポンサードリンク

Apple Musicは自分の中で久々にヒットしたサービスで、周りに薦めまくっています。Apple WatchでAppleへの信頼度が若干下がっていたんですが、iTunes Music Storeで築き上げた信用をうまく使ってサービスを作ったなぁ、と感動しました。PC版は相変わらず使いづらいけど。

Apple Musicが始動してから音楽をかなり聞くようになりました。というか、自分の身体はすっかりフロー型に最適化されていたんだなと実感した次第。Spotifyは使ったことがなかったんですが、海外で流行っている理由がわかりました。いや、これあればCD買う必要ないもん。趣味がマニアックなわけでもないので、この曲が無い!とストレスを感じることもありませんし、Apple良いサービス作りましたね。

分配金のことを考えるとアーティストにとってはメリットが小さい気がするんですが、「Apple Musicで全曲聴けます!気に入ったら買って!そしてライブ来てー!」みたいなプロモーションをうまく打てる人と組めば、ただCD売るより儲かりそうな気もしました。いよいよ曲だけでは戦えない時代になるのかもしれませんね。

広告を非表示にする