ヤドリギ

遺書代わりのメモ

Markdown覚えたらHTMLが面倒くさくなった

最速の仕事術はプログラマーが知っている

最速の仕事術はプログラマーが知っている

この本を読んで「あー、余命無駄にしてるな」と思いました。

特に役立ったのは文章作成について。ユーザー辞書機能は大量に登録しているんですが、親指シフトをはじめとした他の時短方法を読んで「うーん、これは覚えておきたい」と思えるものがたくさん。

親指シフトとかはもう年齢的に身体に覚えさせるのは辛いので、とりあえずMardown覚えることにしました。

Markdownって楽なんだな

そんなわけでこの記事はMarkdownで書いているわけなんですが、これは早い。#書くだけで見出し出ますし、強調とか打ち消し線もそれほど難しい記法ではないので1週間もあれば馴染みそう。

いままでいちいちタグ打ったり、ドラッグした部分に見出しを適用したりといった作業は無駄だよなと思っていたのですが、なんだMarkdownあるんじゃん。というかもうこれがスタンダードなのになんで手を出さなかったんだ俺、とかなり後悔しております。

ただ、画像の埋め込みだけはどうも慣れません。これはブログエディタの機能とか使って挿入したほうが圧倒的に早いと思うんだけど、みんなどうやってるんだろう。

PC作業の効率化はプログラマに絶対敵わないと確信

私は取引をまとめるのは早いのですが、事務作業はけっこう古典的なことばかりしているのでそれほど早くありませんでした。なので、まずMarkdownから覚え、少しずつ効率化を図っていきたいと思います(秘書使えって話なんですが)

文章作成が少々早くなったことを喜んで「Markdownって便利なんだねー」と社内のプログラマに話していたら「フッ」と鼻で笑われたのが今週のハイライト。というか教えろよお前ら。

しかしあれですね、やっぱり毎日道具を使いこなしている人には敵いませんね。

最速の仕事術はプログラマーが知っている

最速の仕事術はプログラマーが知っている