読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

暇なので、誰でも儲かるブログが書けるようになる10ステップでも書いてみる

暇です。たいへん暇です。風邪を引いてしまった私が悪いのですが、暇です。じじいになると明日すぐに治るということがないので3日ほど予定をキャンセルしてしまいました。暇です。

暇なので、売れるブログを書くための10ステップでも書いてみます。ブログだけじゃなく自分自身を売り込むためのセルフブランディングも兼ねています。決して楽じゃないですが、やりきれば誰でも儲けられるようになります。

このブログ、アクセス数がいい感じに減っているけどリピーターの方は多いので、いつも呼んでいただいている方々への御礼として書くことにします。100人も読まないと思うので、ブログで稼ぎたいと思っている方はぜひこのステップを踏んでブログを作ってみてください。

※このブログは好き勝手書いてストレス解消するためにあるので、この記事に書いているステップは一切踏んでいません。あしからず。

ブログのテーマを絞り込む

最初に、ブログのテーマを絞り込みましょう。

テーマを絞り込む時のポイントはいくつかありまして

  • 自分が今やっている仕事に関するもの
  • 仕事と関係なく自分がのめり込んでいるもの
  • これから勉強したいと思っている分野
  • 世の中が関心を持っていそうなもの
  • これから伸びそうな業界

他にもありますが、列挙するとこんな感じ。これらの中から自分が情熱を持って継続的に取り扱えそうなテーマを選びましょう。

専門性の高い記事を書く

テーマが決まったら「決めたテーマに関する記事しか更新しない」という決まりを設けてください。そして、ブログを公開する前に20記事くらいストックを用意しておきましょう。

これから作るブログは、このブログみたいにくだらない日記は挟んではいけません。必ず意味のある記事だけ書くようにしてください。みなさんが自分の仕事の参考として読んでいるブログをよく見ればわかると思いますが、普段更新している記事の中に無駄なものはないはずです。あるとしても、違うカテゴリーもしくはFacebookページなどの“別館”で更新されていると思います。

現代人は知らない人の独り語りに興味はなく、自分が必要とする情報だけ手に入れようとします。この事実を受け入れ、いまのニーズにマッチしたブログを作る努力をしましょう。

自分でサーバを借りて独自ドメインでやる

サイトはサーバを借りて独自ドメインでやりましょう。

私のようにはてなブログでやってもいいのですが、お金を払って自分の城を持ったほうがやっぱりやる気は出ます。適度に自分にプレッシャーを与えて気持ちを奮い立たせましょう。

CMSWordpress、最初は無料テーマで十分

CMSWordpressを使いましょう。理由は更新が楽だし、カスタマイズもしやすいからです。

ただ、最初は無理に凝ったデザインにする必要はありません。無料のWordpressテーマを使うのが良いでしょう。幸いなことに、いまはStingerやSimplycityなど内部SEOを考慮した優秀な無料テーマがあります。作者に感謝しながら使いましょう。

なぜデザインは必要ないか?答えは簡単で、いまはみんなスマホで読むからです。

みなさんがいつもスマホで読んでいる記事、デザインを気にしながら読んでいるでしょうか?たぶん文字の大きさと行間くらいしか気にならないんじゃないでしょうか。そういうことです。

どうしても最初からデザインに凝ったブログにしないと気がすまない場合は、10万くらい捻出してクラウドワークスあたりにデザイン依頼を出してみてください。それで満足の行くデザインを作ってもらえるはずです。

公式TwitterFacebookページを準備する

テーマが決まった、記事も揃った、サーバも独自ドメインWordpressも準備完了。でもまだ公開は慌てずに、次は公式TwitterFacebookページを作りましょう。記事を更新したらTwitterFacebook両方に更新通知が流れるようにするのです。

いまは検索エンジンだけでなくソーシャルメディアのタイムラインからも集客しなければならない時代です。あらゆるチャネルからアクセスをかっぱらってくる準備を整えておきましょう。

ブログオープン時に宣伝する

さあ、ここからが儲けるブログを作るためのキモです。ブログをオープンしたら自分の知り合い全員に宣伝しましょう。

宣伝してほしい内容は以下の4つです。

  • ブログの内容とオープン告知の拡散のお願い
  • ブログのRSS登録のお願い
  • Twitterアカウントのフォローのお願い
  • Facebookページヘのいいね!のお願い

この4つをうまく盛り込んだメールを送って、自分自身のTwitterFacebookアカウントにも投稿しましょう。

これができない人は儲けるブログを作れません。知り合いに見せたくない、書いていることを知られたくないブログの記事を誰が拡散してくれるのでしょうか?儲けるためにはなりふり構わない姿勢が必要です。この宣伝はその第一歩と思ってください。

こっそり儲けたいので宣伝はしないと固く誓っている方。それでもいいでしょう。でも、そのブログはあなたの希望通りひっそりとしたアクセス数のまま、サーバー代だけが飛んで行くブログとして終りを迎えるはずです。

オープン後は毎日(定期)更新する

オープンした、宣伝も完了。ロケットスタートに成功したとしても浮かれてはいけません。オープンしたら、必ず毎日更新するようにしてください。土日も休んではいけません。

なぜ毎日更新する必要があるかというと、競合がそうしているからです。競合となるブログが毎日何記事も更新してタイムラインを賑わせている中、ルーキーのあなたのブログが月2、3回の更新だったとして、読んでもらえるでしょうか?答えは考える必要もないと思います。

「どうしても時間が取れない!」という方は、少なくとも最初の半年くらいは毎日更新を自分に義務付けるようにしてください。オープン前に半年分くらい記事を用意して、自動更新するのもいいでしょう。

アクセス数の多いブログと絡む

記事のストックが増えてきたら、自分と同じテーマを扱っている人気ブログと絡みましょう。ここもキモです。

コメントを残す

一番簡単な絡み方は、コメントを残すことです。

コメント欄があるブログだったら、気になった記事に対して誠意のあるコメントを書きましょう。対象記事はどれでもいいですが、できればコメント欄を見てくれる確率が高い最新の記事がいいです。

ポイントは、誠意です。記事を読み込まないと書けないコメントを残すようにしてください。「おっ、俺の意図わかってるやんけ」と喜んでくれる内容にしましょう。

記事の感想をブログに書く

コメントを発展させて、記事の感想をブログに書くのもアクセスアップに繋がります。

といっても、日本でありがちな「お前の記事クソすぎるから論破してやったわ」みたいなプロレスはNG。コメントと同じく誠意のある記事を書きましょう。

Twitterでリプライを送る

コメント、記事を書いたら筆者のTwitterアカウントにリプライを送りましょう。

内容が納得行くものだったらリプライが返ってきたり、公式RTされたりするはずです。そこからあなたのブログにアクセスが流れてくるでしょう。バズればフォロワーも増えるかもしれません。

読者と絡む

記事が増え、アクセス数が増え、反響やフォロワーが増えると知らない人(読者)が絡んでくることが多くなるでしょう。その時は、納得いく意見に対してはできるだけ時間を作って対応するようにしてください。

最初は「この記事のここは間違っている」みたいな指摘に腹をたてるかもしれません。しかし、その指摘がしっかりとした根拠のあるものだったら認め、訂正するようにしましょう。誠実な対応を続けていれば「このブログはなかなかやるな」と定期的にチェックしてくれる読者が増えていくはずです。

ただ、クソリプは無視でオッケーです。クソリプ対応に時間をかけることは人生の無駄ですし、無視すれば発狂して「この記事はクソだ!俺の意見を無視するこのブログはクソだ!」と勝手にリンク張って拡散してくれるかもしれません。ブログで言及されればリンクが増えて検索順位も上がります。

炎上商法は向き不向きがあるので、私たちは味方を増やす絡み方をしましょう。

勉強し続ける

最後に一番大切なことを。ブログの運営は、ただ漫然とやるのではなく“進化”を目指してやってください。

いつまでも同じレベルの記事を書くのではなく、どこかでステップアップしないと読者は飽きます。書籍化やイベントへの登壇などなど、自分自身だけでなく読者も喜ぶ結果を出すようにしましょう。

ここまでくれば、ブログの外からも収入を得られるようになっているはずです。

まとめ

長々と書いてしまいましたが、ブログもリアル商売と一緒で目的を持って、誠意を持って運営することが大事です。そして時代に即した宣伝、アピールをする必要があります。

この10ステップを踏めれば、個人でも企業でも儲かるブログを作れるようになるはずです。炎上商法は一切使わないので大きな利益を生むまで年単位で時間がかかるかもしれませんが、一度軌道に乗ればプロレスやるより安定した収入が得られるようになります。

ぜひ頑張ってください。

おまけ:参考書籍5選

最後に、儲かるブログを書きたい方向けに参考になる書籍をご紹介しておきます。

伝え方が9割

伝え方が9割
伝え方が9割
posted with amazlet at 16.04.24
佐々木 圭一
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 420

言わずと知れたベストセラー。人に何かをお願いするとき、コンペで勝ちたいと思った時、異性をデートに誘いたいときなどなど、その時々のシチュエーションに合わせた伝え方を教えてくれる良著です。

アフィブログをやろうと思っている方は、まずはこの本に書かれている“方程式”に従って紹介する商品を買ってもらうためのライティング能力を磨くといいと思います。

デジタルPR実践入門 完全版

デジタルPR実践入門 完全版 (月刊広報会議MASTER SERIES)
広報会議編集部
宣伝会議
売り上げランキング: 52,095

ブログを宣伝する時、PR(パブリック・リレーションズ)のノウハウは確実に役に立ちます。

この本で執筆しているのは嶋浩一郎さんや中川淳一郎さんなど、現在進行形で現場で結果を出している人ばかり。セミナーで聞いたらうん千円する話の数々がコンパクトに纏まって2000円くらいで手に入るのでお得な事この上ないです。

ウチの会社では5冊くらい買って部署ごとに置いています。

Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

儲かるブログを書き続けるためにはマーケティングの知識が欠かせません。でも、マーケティングとなると「難しそう…」となる方は少なく無いと思います。

この本はそんな人のために書かれた本です。コンテンツマーケティングとはなんぞや?という基本的なレベルから話が始まり、成功事例もいくつか紹介されています。読み終わった頃にはマーケティングについてある程度理解できているはずです。

以上、参考書籍のご紹介でした。ブログを書きまくっているのにちっとも儲からない方、書こうと思っているけど何から手を付けていいかわからない方、ぜひ1冊だけでも良いので一度読んでみてください!

関連記事

miyazawataichi.hatenablog.com

スポンサードリンク