ヤドリギ

遺書代わりのメモ

自然に英語が公用語になっていく我が社

適当に伸びしろありそうな人材を雇っていたら多国籍軍になってしまいまして、日本人従業員も気づいたら「英語のほうが楽だ」になり、日本人同士で英語でしゃべっていたりします。おかげさまでそれぞれの国の訛りが入った英語が飛び交うカオスな職場になっているんですが、英語なんて通じりゃいいのでそれはそれでいいのかなと。

いまはどんだけ国が変わろうがやる仕事っていうのはそんなに違いがないものなので、これからも明確なビジョンから生み出されるクソみたいな経営戦略をモットーに適当に稼いでいきたいと思います。

いまの日本はライバルが勝手に暗黒面に落ちて消えてくれるので、稼ぐのなんて簡単ですよ本当に。

広告を非表示にする