読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

誰でも矛盾は抱えるもの

舛添都知事が公金を使って良いホテルに泊まることを批判しつつ、会社から宿泊費が出るのをいいことに「いつも使っているホテルが満室だったので」と嘘をついてちょっといいホテルを予約したり

金持ちからいっぱい税金を取ればいいと主張しつつ、自分がこれだけ働いているのだから1000万くらいインセンティブを払ってもいいんじゃないかと会社の愚痴を言ったり

税金のバラマキは良くないと言いつつ、適当なプランをでっち上げて助成金をもらい「国は簡単に金払ってくれるからちょろいっすわー」と飲み会で自慢したり

犯罪は許さないとTwitterでつぶやきつつ赤信号を渡ったり

不倫は良くないことだと講演で熱弁した後に風俗に行ったり…

 

とまあ、世の中は数多くの矛盾を抱えている人の集合体で成り立っているものだ、という話を会社の全体朝礼でしてみたところ(※実際はもっと長い)、特に若い方から結構いい反応をいただきました。

若い世代、特にネットネイティブは正しくないことに過剰に反応する傾向があるので、全て正しいことだけで固めると逆に正しくなくなってしまうという事実を少しずつ頭の中にインプットしてくれたら嬉しいなと思います。

広告を非表示にする