読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドリギ

遺書代わりのメモ

もう民泊取り締まる会社作ったほうが儲かるんじゃないの

そろそろクラウドソーシングに「Airbnbの部屋の場所割り出したら1000円」みたいな案件を出して、各マンションの管理会社に情報を5000円くらいで売りつけるビジネスでもやろうかなぁと思うくらいには民泊を巡る状況は悪くなっています。

日本だけシェアリングエコノミーの流れから取り残されている、と叫んでいる方が出てくると思いますが、流れに取り残されているのは日本の方で。先日はパリのホテル業界の方々がパリの惨状を説明してくれてこらやばいなーと思いましたし、すでにドイツのベルリンは年間の営業日数を180日にしていますし、アメリカでも営業日数を定める州が出てきています。すでに民泊は「推進しつつルール破ったら取り締まる」がデフォになる流れになっているのです。

日本も今後民泊のルールがはっきりしてきているので、ルールから罰則までが完全に決まったらヤ○ザよろしく脇が甘い貸し手側を脅して稼ぐことができるようになります。こうなると摘発する組織を作ったほうがよさげ。ありがたいことに日本はこれから時間だけはある貧乏人が増えていくので、金持ち候補を叩き落とす作業をやらないか?とお願いしたら喜んでやってくれることでしょう。

9割冗談ですけどね。

スポンサードリンク