ヤドリギ

遺書代わりのメモ

舛添さんの次の都知事がアレ度高かったら福岡移転しようかな

苦戦しつつも少しずつアジア圏に進出できているので、本社を福岡に移すことはずっと検討課題になっていました。そこに今回の舛添リンチがあったので、本日の役員会議でいよいよ本腰を入れようとなってきました。

正直、もう誰が都知事になっても変わらないと思うんですよ。舛添さんがやったことは個人事業主のせこい金の使い方の額を単純に50倍くらいにしただけで、可愛いものですよ。この後の都知事が極端に右か左に振れた人になったらどうなりますか。キチガイ団体に金が流れてしまう可能性が出てくるわけです。その方がずっと危ないんじゃないかと思うのですが、間違ってますかね。

次の都知事選では、舛添さんが全ての毛髪を犠牲にして蹴落とした宇都宮健児細川護熙の封印が解かれてしまうわけです。これに対抗できる候補はいまのところ思いつきません。家入さんは真面目経営者モードに入っているから出ないでしょうし、マック赤坂又吉イエスは普段の2倍のペースで都知事選が行われているので資金繰りが大変で泡沫にすらなれない可能性が大。活動家の津田さんも7月までに痩せるのは難しいので見送るでしょうし、結構いやーな予感がしているんですよね。

というわけで、アレ度が高い人が都知事になったら福岡に本社を移転しようかなーと思っています。福岡近辺に実家がある社員からは概ねいい反応をもらっているので、ちょっとずつ計画を進めていきます。

スポンサードリンク