ヤドリギ

遺書代わりのメモ

【専門家監修】記事だらけなのに専門家の名前が全く出てこない、プロパティエージェント株式会社が運営する「不動産投資Times」は大丈夫なんでしょうか

先日不動産テックに関しての記事を書いたら結構多くの情報をいただきまして、まだ参入の余地があるのかなと思い不動産周りの情報収集をしていたら、さすが不動産と唸るような掃き溜めがたくさんありココロオドル日々を過ごしております。

専門家が出てこない専門家監修記事で埋まる「不動産投資Times」

社内ではすでに調査を終え、他の業界に注力したほうが儲かるという判断を下したのでもう不動産テックに未練はないのですが、調査している中で「Oh...」となる会社、サイト、サービスをたくさん見つけることができ、とても楽しめました。

その中でもトップクラスに怪しいのはプロパティエージェント株式会社が運用している「不動産投資Times」というメディアでして

 

www.fudousantoshi-times.com

たとえばこういう記事があるのですが

www.fudousantoshi-times.com

【専門家監修】という単語をタイトルに含めていて、かつ税金に関する記事であれば当然税理士をはじめとした税金の専門家の監修を受けているはずですが、記事のどこを見ても専門家の名前が出てきません

この記事を書いたのはプロパティエージェント株式会社でアセットプランニング部の部長を務められている長谷川雅也さんという方ですが

www.fudousantoshi-times.com

プロフィールを見る限り税理士の資格はお持ちではないようですし、そもそも【専門家監修】とわざわざタイトルに入れているのであれば、この人が書いた記事を第三者がチェックしたと考えるのが普通です。しかし、この記事には専門家の名前は出てきません。

他の記事もチェックしましたが、どんな専門家が監修したのかがわかる記事はありませんでした。「書いた本人が専門家だ!」と主張するつもりなのかもしれませんが、であればその旨を明記するべきだし、不動産の専門なのか税の専門なのかもわからないといけないしで、黒に近いブラックって感じの運用でとても好感が持てます。

というか、医師監修という単語をタイトルに入れたヘルスケア大学があれだけ各方面からぶん殴られているいま、まだ専門家監修という単語をノーガードで入れる判断ができる根性がすごいですね。不動産業界は常識はずれな行動をする輩が多い業界ではあるので、これが正常運転なのかもしれませんが。