ヤドリギ

遺書代わりのメモ

親族に実家に帰ってきてほしくないから、年末年始は旅行することにした

f:id:miyazawataichi:20180103182920j:plain

明けていましたおめでとうございます。本年も月に1本更新されれば御の字の当ブログをよろしくお願いいたします。

今年は沖縄で新年を迎えました。今の沖縄は半袖は厳しいけど、長袖1枚くらいで過ごせるちょうどいい気候です。

せっかくの年末年始にストレス溜めてどうするの

いつの頃からか、年末年始に旅行することが増えました。理由は色々とあるのですが、一番大きな理由は「親族に実家に来てほしくないから」です。

もっと言うと、親族に無駄な負担をかけたくないのです。クッソ人が移動する年末年始の時期に帰省すると、乗車率の高い新幹線でもみくちゃになったり、何十キロも続く渋滞で時間を浪費したりと、いいことがありません。そして、実家に着いたら普段会わない、今後も縁がないであろう人と次々に話すことになり、気を遣いまくることになります。

いつもと違う食事を食べ、お酒を飲めないと切り出していいか悩み、慣れない匂いの石鹸やシャンプーで体を洗い、起きる時間を何時にするべきか考えて…みたいな小さいストレスを溜めに溜めて、Uターンラッシュに巻き込まれて我が家に戻る。それは私の望んでいることではありません。

気を遣わせないために、実家にいないことにしたよ

なので、近年は「ワシら年末年始旅行するから、帰ってきても意味ないで」とLINEで先に連絡しておくことにしています。気を遣わせたくないから来ないでいいよ、と伝えても「正月に実家に挨拶するのは義務だと思いますので!ので!」と無駄に厳格な人が来たことがあったので、じゃあそもそも実家にいないことにしようとなったのです。

最初はハワイ、その後はニューヨークと、無理やりついていくにはコストが掛かりすぎる地域を選びました。「あいつら年末年始いねえわ」と認識されるようになったいまは、北海道とか今回の沖縄のように、自分たちが旅行したいところに旅行するようになっています。

 

てか、LINEとFacebookがあれば実家への帰省とかいらなくね?

そもそも実家への帰省って必要なんでしょうか。本来は体を休めるべき年末年始に移動で時間を浪費してストレスを溜めるって、非生産的過ぎませんか。

てか、もうイマドキの家庭だったら普段からLINEで連絡とり合ってるだろうし、フレンドにはなってないけどFacebookで近況をちょっと覗いてたり、するでしょう?お互いに何しているかある程度把握できるこのSNS時代に、わざわざストレスの溜まる時期に顔を合わせるとかアホでしょう。

私は帰省ラッシュUターンラッシュとストレスしか溜まらない時期に移動するセンスの人を、親族として認めたくないぞ。

帰省しやすい時期に帰省すれば良いんだよ

これだけ書いても、ステレオタイプから抜け出せない人は年末年始の帰省にこだわります。まるでそれ以外の日に予定が空くことは絶対にないと言わんばかりにこだわります。

でも、いまの日本って帰省するチャンス、たくさんありますよね。ハッピーマンデー法のおかげで3連休が増えましたし。3連休初日に日帰りでちょっと顔を出すとか、それくらいでいいんじゃないでしょうか。

顔を合わせて話をすることの大切さはわかっているし、完全にゼロにする気はないのです。しかし、LINEやFacebookといった家族間でコミュニケーションができるSNSが普及した現代では、直接会うことの優先度は若干下がっていると思います。

年末年始は実家への帰省ではなく自分の家族との時間を優先する。そんな習慣が日本に根付けば、しっかりと休んでいい仕事初めを迎えられる人が増え、生産性も上がるのではないかと踏んでいます。

なので、今年も私は実家から姿を消します。旅行したいからじゃないぞ。