ヤドリギ

遺書代わりのメモ

日本人が海外で活躍するために一番必要なことは「英語の勉強」ではなく「ルールの勉強」

海外事業が順調です。大してPRもしていないしする気もないんですが、たぶん私が死ぬ頃には経済誌とかに「日本は海外でこう戦え!」な感じで取り上げられんじゃねえかと思っています。知らんけど。

私は海外事業をするときは基本的に「海外っすか!行きたいっす!」な何も考えていない若手に金あげて放り込んで放置プレイなんですが、出国前に1つだけ必ずやっていることがあります。それは何かというと、その国で生きていく上で必要なルールの教育。覚えることができなかったら行かせないし、実際に何人か諦めさせたことがあります。それくらい国のルールを覚えることは大事です。

挨拶が大事な国だったら、挨拶の作法を徹底的に教え込みます。

どんなことをしたら失礼にあたるかを体レベルで覚えてもらいます。

食事のマナーを現地人と一緒に食事をしながら学びます。

法人の設立方法を、実践しながら覚えます。

地域ごとに特有のルールがあったら、突撃する予定の地域のルールを調べに調べておきます。

たぶん、他の人から見たらドン引きするくらいのレベルで教育します。

正直、英語とかどうでもいいです。そんなの向こう行ったら嫌でも覚えますし、商談で「お前レベルの英語じゃ話にならん!」と一蹴されたらさらに勉強するでしょう。これは中国語でもスペイン語でもフランス語でも変わりません。生存本能が呼び覚まされたら能力は研ぎ澄まされるものです。

そんなことより勉強すべきはルールです、ルール。私たち日本人は、外国人が銭湯で体を洗わずに風呂に入ったり、入っちゃいけないところに入って写真撮ってインスタに上げたりしたら「おいこらガイジン」と思うじゃないですか。それと同じようなルール違反を海外でやったら、ビジネスをする前から信用を失ってしまいます。これは非常にもったいないことです。

これは私見ですが、私は日本人が海外で活躍できないのは英語ができないからじゃなくて、ルールの勉強不足だからだと考えています。現地の公用語がネイティブレベルで話せても、ルールも知らずマナーも悪い人には仕事はやって来ません。海外で起業するつもりなら、起業する国のルールを学び、リスペクトすることを忘れないようにしてください。