ヤドリギ

遺書代わりのメモ

4連休中に読んで面白かった本

現場に完全に権限移譲しちゃっててやることがないので、この4連休は本ばっかり読んでいます。

コロナで人々の行動は変わるだろうなと思いつつ、実際のところあと半年もすればインフルエンザみたいな扱いになるんだろうなという気持ちもあるので、ヒントをえるために行動経済学の本をたくさん読みました。

他にも色々とつまみ食い的に読んで、面白かったのがいくつかあったのでご紹介します。

 

経済は感情で動く

いきなりですが

A:1000人中150人が助からないウイルス
B:100人中23人が助からないウイルス

どっちのウイルスが怖いですか?

…と聞くと、4分の3くらいがAが怖いと答えた、みたいな実例をもとに「人間は合理的ではないし、合理的でないから人間なのだ」という主張が続いていく本です。 

この手の本は日本では「予想通りに不合理」 が有名ですが、私はけっこうこちらを推すことが多いです。

この辺の行動経済学の本についてはファスト&スローという超絶名著がございまして、昨今の行動経済学の書籍についてはだいたいこの本に書いてあると言っていいと思います。 

自己啓発本は全部『人を動かす』の焼き直しだ!」みたいな言説が好きな方は、こちらの方がおすすめかもしれません。 

 

 

人は悪魔に熱狂する 悪と欲望の行動経済学 

「なぜ意識高い系はNewsPicksを使ってしまうのか?」とか、「みんなM-1グランプリ上沼恵美子さんが偏った点数をつけていると思っているが果たして本当にそうなのか?」とか、身近な時事ネタを行動経済学に結びつけて解説してくれます。

著者の松本健太郎さんはデータサイエンティストなので、「言ってることはごもっともだが、データはあるのかい?」と上から目線で斜め読みしがちな人も安心できる一冊です。

 

コンテンポラリーアートライティングの技術

「なんで経営者がアートライティングの本を?」と思うかもしれませんが、この本は文章の基礎が学べる本です。もっと言うと、文章を書くテーマ(この本ではアート)からファクトを掘り出して、テーマの魅力をどれだけ引き出すか?を学べます。

私たちの会社は新しい領域に突っ込んでいくことが多く、海外支社ではその国にあまり馴染みのない商材を取り扱うこともあるので、「これは何なのか?」を説明しなければならないことがたくさんあります。そして、説明が下手なときはだいたい失敗しています。

商材は確実に求められているけど、伝える力が弱いばかりに悔しい思いをするのは困ったもんだな、どうしようかなと思っていたらこの本を紹介してもらいました。

良いアート・ライティングの実例がいくつかあるのですが、いずれも読んだあとは対象となっている写真や絵画の見え方がガラッと変わったり「あーそういうことなのね!」と驚いたりと、文章の力を感じました。

私もこの本を参考に、乱文ばかり書いているブログをもうちょっと良くしていきたいと思っています。

コンテンポラリーアートライティングの技術

コンテンポラリーアートライティングの技術

 

 

世界一楽しい決算書の読み方

本のタイトル通り、会計クイズを解きながら財務3表(貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書)の読み方が分かる本です。

日産自動車とパーク24とUber貸借対照表を並べて「パーク24はどれ?」と選ばされたりするんですが、経営やっている自分でもわからない問題がいくつかありました。財務3表についてはもちろん読めるんですが、同業種でもぜんぜん違うんだなぁと感心するものがありました。

個人的には、クイズに使う決算書のセレクトが知名度の高い会社に絞られているのがとても良かったです。これは読んでほしい社内のスタッフ向けに何冊かまとめて買いました。

たぶん、決算書の読み方を何冊も読んでるけどさっぱり身につかない人が読むべき1冊だと思います。これよりわかりやすい本はちょっと思いつきません。

 

今年は良著との出会いが多いです。

特に今年発行された本はただのノウハウ本にとどまらない良いものが多く、出版社もよほど良い本でない限り出さない姿勢になってきたのかな?と感じています。もしくは優秀な若手への世代交代が起きているのかもしれません。

なんにせよ、良い本と出会えるのは嬉しいことです。

お前さ、「まだそのタイミングじゃない」と言い続けて何年経ったの?

お前は「持ち家はリスクが大きいし都心はバブル、暴落時に買う」と賃貸暮らしを続けているうちに、ローンが組めない年齢になっていたことに気づいているか?

お前はアベノミクスの時に「これは間違いなくバブルだから買っている奴らの気がしれない。暴落したら買う」と機会を伺い続けて、何年経ったか覚えているか?

お前が「まだまだ使える」とこだわりのカスタマイズをした古いPCで“生産性の高い“仕事をしている横で、新入社員たちは新しく性能の良いPCでどんどんタスクを消化して、お前より会社に貢献しているのを知っているか?

お前は「いままでの経験があれば、まだまだ若い奴らには負けない」と余裕をかましている間に、整理解雇の対象になっていることに気付いているか?

別にタイミングずっと見計らっていてもいいけど、何もアクションしないままだと何も起きないぞ。