ヤドリギ

遺書代わりのメモ

コロナのおかげで10年に1度の採用チャンスが来たので、貯めてきた内部留保を一気に使うぞ

コロナウイルスによって放射脳に続くコロナ脳が生まれそうな今日このごろですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私は今年倒産しそうな会社のリストをつくり、そこから優秀な人材を引き抜く準備をしています。今年はリーマンショックのときとはわけが違う不況がやってくることは間違いないので、今まで振り向いてもらえなかったような人材を雇えるチャンスが来ると信じています。

手始めに欲しいのは、研究開発だけのために雇われているAIや機械学習の担当者です。日本は不況になると“理系のコミュ障”を真っ先に切るので、情報が得られたら秒でアプローチします。きっと2、3年後の成長エンジンになるでしょう。

次に欲しいのは、優秀なエンジニアです。中小企業でよくある一人情シスの人を倒産時に拾えたらベスト。一人情シスは優秀な人であることが多く、よりレベルの高い環境を用意すると爆発的に伸びる傾向があります。早くジョインしてくれないかなと両手を広げて待ち構えています。

 

採用資金は潤沢にあります。「アホか」と言われるくらい内部留保を貯めてきたのは、この時のためです。資金調達すればいいじゃん、借金してブーストかけりゃいいじゃん、と煽ってきたキリギリス企業の時代は終わり、無理をしすぎずにマッチョな黒字体質を作ってきた私たち亀企業の時代がやってきます。

攻め時がやってきて、社内はやる気に満ちています。ひとつ上のステージを目指すために、内部留保を一気に投入して勝利を掴み取ろうと思います。