ヤドリギ

遺書代わりのメモ

IT大国になる本当に最後のチャンスが訪れている

希望退職者を募る大企業がどんどん現れてきました。

いま私たちは必死に社内のエンジニアたちを説得して、異業種から入ってくる希望退職者たちをエンジニアとして育成しています。一時的に業績は悪化しますが、勉強しないと生きていけなくなったハングリーな人たちを一斉に雇えるチャンスはいましかないので、5年後の成長を見据えて採用と育成の両輪を回しています。

エンジニアたちは本音では仕事だけしていたいと思っているはずなので、給与を上げてやりました。あとは自前で育てたチームが数値で会社に貢献したらインセンティブを出す制度も急ピッチで整備しています。こういうとき、上場してなくてよかったなぁと思います。上場していたらこんな痛みを伴うギャンブルみたいな改革できませんし。

そんな感じで“青田買い”を続けていたら、ついにANAまで希望退職者を。

www.nikkei.com

ついに我が社もCAやパイロットだらけの華やかな職場になるのでしょうか…(違